NHK杯戦
NHK Cup

日本放送協会。1954年開始。当初はラジオ放送、1963年(第10期)からテレビ放送。第1‐13期までは8人制、第14‐24期までは16人制、第25‐28期までは26人制、第29期から50人制のトーナメント方式。賞金額500万円。決勝戦は1番勝負。持ち時間なし。一手30秒で10回の考慮時間(1回1分)。この杯戦の優勝者、準優勝者はアジア囲碁選手権戦への出場権を得る。

優勝者 コメント
64 2017 井山裕太九段(27) (3月19日放送)決勝戦が行われ、井山裕太九段(27)(棋聖、本因坊、王座、天元、碁聖、十段)が一力遼七段(19)を白番中押し勝ちで下し、優勝した。
63 2016 張栩九段(36) (3月20日放送)決勝戦が行われ、張栩九段(36)が寺山怜四段(25)に211手まで黒番中押し勝ちで下し、優勝した。
62 2015 伊田篤史八段(21) (3月15日放送)決勝戦が行われ、伊田篤史八段(21)が一力遼七段(17)に257手まで黒番中押し勝ちで下し、史上最年少で優勝した。

61 2014 結城聡九段(42) (3月23日放送)決勝戦が行われ、結城聡九段(42)が河野臨九段(33)を下し、5度目の優勝をした。
60 2013 結城聡九段(41) (3月24日放送)決勝戦が行われ、結城聡九段(41)が井山裕太九段(23)を下し、4度目の優勝をした。
(3月17日放送)準決勝戦第2局が行われた。
結城聡九段(41)○−●山田規三生九段(40)
(3月10日放送)準決勝戦第1局が行われる。
井山裕太九段(23)○−●河野臨九段(32) →棋譜(JAVA形式)
59 2012 結城聡九段(40) (3月18日放送)決勝戦が行われ、結城聡九段(40)が羽根直樹九段(35)を250手白番5目半勝ちで下し、3度目の優勝をした。
58 2011 山田規三生九段(38) (3月27日放送)決勝戦が行われ、山田規三生九段(38)が依田紀基九段(45)を283手黒番6目半勝ちで下し、優勝した。
57 2010 結城聡九段(38) (3月21日放送)決勝戦が行われ、結城聡九段(38)が連続優勝した。
結城聡九段(38)○−●井山裕太九段(20):229手黒番3目半勝ち
56 2009 結城聡九段 (3月29日放送)決勝戦が行われ、結城聡九段が初優勝した。
結城聡九段○−●武宮正樹九段
(3月22日放送)準決勝戦第2局が行われた。
武宮正樹九段○−●加藤充志八段:黒番3目半勝ち
(3月15日放送)準決勝戦第1局が行われた。
結城聡九段○−●蘇耀国八段:黒番中押勝ち
55 2008 張栩九段 (3月23日放送)決勝戦は張栩九段が趙治勲九段を260手まで黒番半目勝ちで下し、優勝した。 →棋譜(JAVA形式) from 棋聖道場
(3月9日放送)準決勝戦第2局は趙治勲九段が山下敬吾九段を下した。
(3月2日放送)準決勝戦第1局は張栩九段が坂井秀至七段を下した。
54 2007 趙治勲九段 (3月18日放送)決勝戦は趙治勲九段が結城聡九段を黒番3目半勝ちで下し、優勝した。
(3月11日放送)準決勝戦第2局は趙治勲九段が依田紀基九段を226手まで白番中押勝ちで下した。
(3月4日放送)準決勝戦第1局は結城聡九段が趙善津九段を213手まで黒番中押勝ちで下した。
(2006年3月13日収録)第1回戦で黒番の中野泰宏九段は盤面で10目以上黒が良い局面でダメヅマリに自ら突っ込み黒5子を捕られ、投了した。相手は石田芳夫九段。
53 2006 羽根直樹九段 (3月19日放送)決勝戦は羽根直樹九段が今村俊也九段を下し、初優勝した。
(3月12日放送)準決勝戦第2局は今村俊也九段が森山直棋九段を267手まで黒番3目半勝ちで下した。
(3月5日放送)準決勝戦第1局は張栩九段が今村善彰八段を黒番中押勝ちで下した。
52 2005 張栩九段 (3月20日放送)決勝戦は張栩九段が依田紀基九段を232手まで白番中押勝ちで下し、優勝した。
(3月13日放送)準決勝戦第2局は依田紀基九段が趙治勲九段を244手まで白番5目半勝ちで下した。
(3月6日放送)準決勝戦第1局は張栩九段が淡路修三九段を154手まで白番中押勝ちで下した。
井山裕太が初出場。15歳10か月での初出場は最年少記録。
51 2004 小林光一九段 (3月21日放送)決勝戦は小林光一九段が趙治勲九段を252手まで黒番3目半勝ちで下し、優勝した。18年ぶり2回目の優勝となる。 →棋譜(JAVA形式) from 韓国棋院
(3月14日放送)準決勝戦第2局は小林光一九段が小松英樹九段を下した。
(3月7日放送)準決勝戦第1局は趙治勲九段が高尾紳路八段を264手まで白番2目半勝ちで下した。
50 2003 三村智保九段 (3月23日放送)決勝戦は三村智保九段が王立誠九段を白番中押勝ちで下し、初優勝した。
(3月16日放送)準決勝戦第2局は王立誠九段が趙治勲九段を黒番3目半勝ちで下した。
(3月9日放送)準決勝戦第1局は三村智保九段が小松英樹九段を白番中押勝ちで下した。
49 2002 張栩七段 (3月17日放送)決勝戦は張栩七段が羽根直樹八段を165手まで黒番中押勝ちで下し、初優勝(初出場、最年少)した。
(3月10日放送)準決勝戦第2局は羽根直樹八段が今村俊也九段を黒番中押勝ちで下した。
(3月3日放送)準決勝戦第1局は張栩七段が加藤正夫九段を225手まで黒番中押勝ちで下した。
48 2001 石田芳夫九段 (3月11日放送)決勝戦は石田芳夫九段が趙治勲九段を292手まで黒番2目半勝ちで下し、11年ぶり三度目の優勝を果した。
(3月4日放送)準決勝戦第2局は趙治勲九段が小林光一九段を178手まで白番中押勝ちで下した。
(2月25日放送)準決勝戦第1局は石田芳夫九段が柳時熏七段を223手まで白番10目半勝ちで下した。
47 2000 依田紀基九段 (3月26日放送)決勝戦は依田紀基九段が今村俊也九段を303手まで白番7目半勝で下し、優勝した。三連覇。
(3月19日放送)準決勝戦第2局は依田紀基九段が清成哲也九段を白番2目半勝ちで下した。
(3月12日放送)準決勝戦第1局は今村俊也九段が柳時熏七段を白番中押勝ちで下した。
46 1999 依田紀基九段 (4月4日放送)決勝戦は依田紀基九段が東野弘昭九段を237手までで黒番中押勝ちで下し、優勝した。
45 1998 依田紀基九段 (3月15日)決勝戦は依田紀基九段が本田邦久九段を下した。3度目の優勝。
44 1997 王立誠九段 (3月16日)決勝戦は王立誠九段が小林光一九段を下した。初優勝。
43 1996 趙治勲九段 (3月3日)決勝戦は趙治勲九段が小林覚九段を下した。
42 1995 小林覚九段 (3月)決勝戦は小林覚九段が清成哲也九段を下した。
41 1994 大竹英雄九段 (3月20日放送)決勝戦は大竹英雄九段が加藤正夫九段を下した。19年ぶり。通算5回目。
40 1993 依田紀基八段 (3月20日放送)決勝戦は依田紀基八段が加藤正夫九段を下した。
39 1992 趙治勲九段 趙治勲九段が王立誠九段を下した。
38 1991 依田紀基八段 決勝戦は依田紀基八段が王銘宛八段を下した。
37 1990 石田芳夫九段 石田芳夫九段が大竹英雄九段を下した。
36 1989 武宮正樹九段 武宮正樹九段が小林覚九段を下した。
35 1988 加藤正夫九段 加藤正夫九段が王立誠八段を下した。
34 1987 石田芳夫九段 石田芳夫九段が林海峰九段を下した。
33 1986 小林光一九段 小林光一九段が武宮正樹九段を下した。初優勝。
32 1985 橋本昌二九段 橋本昌二九段が石田芳夫九段を下した。
31 1984 本田邦久九段 本田邦久九段が武宮正樹九段を下した。
30 1983 趙治勲九段 趙治勲九段が大竹英雄九段を下した。
29 1982 坂田栄男九段 坂田栄男九段が杉内雅男九段を下した。
28 1981 藤沢秀行九段 (3月2日)決勝は藤沢秀行九段が高木祥一八段を下し、優勝した。
(2月)準決勝:藤沢秀行九段 ○ー● 羽根泰正:黒番中押勝ち
(2月)準決勝:高木祥一八段 ○ー● 石田芳夫九段:白番3目半勝ち
27 1980 橋本昌二九段 橋本昌二九段が趙治勲八段を下した。
26 1979 東野弘昭九段 (3月18日)東野弘昭九段が高木祥一八段を下した。
25 1978 林海峰九段 林海峰九段が大平修三九段を下した。
24 1977 坂田栄男九段 坂田栄男九段が武宮正樹八段を下した。
23 1976 坂田栄男九段 坂田栄男九段が呉清源九段を下した。
22 1975 大竹英雄九段 大竹英雄九段が武宮正樹七段を下した。
大竹英雄九段は通算4回目の優勝。
21 1974 林海峰九段 林海峰九段が加藤正夫八段を下した。
20 1973 大竹英雄九段 大竹英雄九段が橋本昌二九段を下した。
19 1972 坂田栄男九段 坂田栄男九段が大竹英雄九段を下した。
18 1971 大竹英雄九段 大竹英雄九段が石田芳夫七段を下した。
17 1970 林海峰九段 林海峰九段が坂田栄男九段を下した。
16 1969 藤沢秀行九段 藤沢秀行九段が藤沢朋斎九段を下した。
15 1968 大竹英雄八段 大竹英雄八段が橋本昌二九段を下した。
14 1967 橋本昌二九段 橋本昌二九段が藤沢朋斎九段を下した。
13 1966 高川秀格九段 高川秀格九段が藤沢秀行九段を下した。
12 1965 坂田栄男九段 坂田栄男九段が宮下秀洋九段を下した。
11 1964 坂田栄男九段 坂田栄男九段が藤沢秀行九段を下した。
10 1963 橋本宇太郎九段 橋本宇太郎九段が藤沢秀行八段を下した。
9 1962 坂田栄男九段 坂田栄男九段が橋本宇太郎九段を下した。
8 1961 坂田栄男九段 坂田栄男九段が木谷実九段を下した。
7 1960 木谷実九段 木谷実九段が藤沢朋斎九段を下した。
6 1959 坂田栄男九段 坂田栄男九段が高川秀格九段を下した。
5 1958 坂田栄男九段 坂田栄男九段が木谷実九段を下した。
4 1957 坂田栄男九段 坂田栄男九段が藤沢朋斎九段を下した。
3 1956 橋本宇太郎九段 橋本宇太郎九段が坂田栄男九段を下した。
2 1955 岩本薫八段 岩本薫八段が藤沢朋斎九段を下した。
1 1954 島村利博八段 (1月30日)島村利博八段が高川秀格七段を下した。

最終更新日: 2017年3月19日