顧水如
コ・スイニョ
Gu Shuiru
グ・シュイル
1892年3月3日生れ

出身
故人。1971年死亡。プロ制度ができる前の中国最強者。1916年日本に渡った。1922年当時9歳の子供と対局した。これが呉清源。1952年当時7歳の子供と対局した。これが陳祖徳。呉清源、陳祖徳の師匠。
棋風:
渾名:

Wikipediaの情報 天涯社区(中国語) 上海旅遊指南(中国語) 顧水如小伝(中国語) 介値中国網(中国語) 顧水如と呉清源の関係(中国語) 百度百科(中国語)
写真 写真
【2007年9月13日 中国ブログ「生活家一閑」より】
1957年に囲碁と将棋の大会―「全国棋類選手権戦」(後に全国個人戦と称する)が始まった。当時は“南劉北過”時代。劉は劉棣懐、過は過タ生を指す。“南劉北顧”時代との説もある。顧は顧水如を指す。顧水如の方が過タ生より経歴、棋力とも上だったが、人気はなかったようだ。