トップページ > 記事閲覧
十段戦挑戦者に村川大介八段 2期連続で
【2019年1月31日(木) 産経新聞】
 産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「森ビル杯 第57期十段戦」の挑戦者決定戦が1月31日、東京都千代田区の日本棋院で行われ、村川大介八段(28)が高尾紳路九段(42)を破り、前期に続く五番勝負出場を決めた。村川八段は兵庫県出身、森山直棋九段門下。平成14年に11歳10カ月でプロ入り、関西棋院に所属する。23年に新人王戦優勝。26年の第62期王座戦では、当時6冠を保持していた井山裕太十段(29)を破り、初めて七大タイトルを獲得した。28年の碁聖戦など七大タイトル戦には5度目の登場となる。4連覇がかかる井山十段とのシリーズは3月5日、大阪府東大阪市の大阪商業大学で開幕する。
コメント終了
Page: [1]

題名
会員名
会員ID :
会員パスワード
コメント

   クッキー保存