トップページ > 記事閲覧
小4女児、最年少プロ棋士試験合格「うれしかったです」
小4女児、最年少プロ棋士試験合格「うれしかったです」
【2019年1月5日(土) FNN
大阪市の小学4年生が、囲碁の棋士採用試験に合格し、最年少の10歳でプロ入りが決まった。日本棋院は、大阪市此花区の小学4年生の仲邑菫(なかむら・すみれ)さんが、囲碁の棋士採用試験に合格し、4月1日付でプロ入りすると発表した。

仲邑菫さんは小4の10歳で、9年前11歳6カ月でプロ入りした藤沢里菜女流本因坊を抜く、最年少記録となる。菫さんは、「(プロになれると聞いた時の気持ちは?)うれしかったです。世界で戦えるプロ棋士になりたい」と話した。父はプロ棋士九段の信也さん、母の幸(みゆき)さんは囲碁の元インストラクターという、プロ棋士のDNAを引く菫さん。母・幸さんに3歳の時から囲碁を教わり、韓国で修業を続けた。父親・信也さんは、「うれしい面もあるけど、やっぱり今まで通り、碁が強くなることを目指して頑張ってほしい」と話した。

今後は、世界一になる逸材として、日本棋院が新設した小学生までの採用制度「英才特別採用推薦棋士」の第1号として迎えられる菫さん。1月6日は、国民栄誉賞を受賞した、井山裕太五冠と記念対局を行う。菫さんは、「(あしたの試合の意気込みをお願いします)意気込みってどういうこと? 頑張りたいです」と話した。



史上最年少プロ棋士 仲邑菫さんの人並み外れた勝負根性
【2019年1月5日(土) スポーツニッポン(表洋介)】
 人気低迷にあえぐ碁界が究極の勝負手を打った。「囲碁の日」と言われる1月5日に小学4年生の仲邑菫さん(9)のプロ入りを発表。6日には東大阪市のフェスティバルで井山裕太5冠との記念対局も組まれている。早速、NHKのトップニュースでも取り上げられるなど、最高のタイミングで愛らしいニューヒロインが誕生した。

 日本棋院にとっては、藤井聡太七段の活躍に沸く将棋界に対抗する思惑があることは間違いないだろう。プロ棋士になるには原則として「院生」と呼ばれる養成所で一定の成績を収めるか、年に1度の採用試験を勝ち抜く必要がある。だが近年は囲碁人口の高齢化に伴い、各地の碁会所も閉鎖に追い込まれている。昨秋も女流棋士の採用条件を緩和したばかりだが、英才特別採用制度の創設で、碁界に漂う閉塞感を打開したいはずだ。話題先行の見方もあるだろうが、仲邑さんには明るい未来が広がっている。未就学児の頃から椅子に正座し、背筋を伸ばして碁盤に向き合う姿は美しかった。形勢が悪いと目から涙があふれるが、最後の最後には逆転勝利をもぎ取る。かわいい笑顔の奥には、人並み外れた勝負根性が潜んでいる。

 スポーツ界には早熟―晩熟の2タイプが存在する。だが、身体の発育や故障に左右されない囲碁や将棋は、圧倒的に早熟の逸材がアドバンテージを持つ。入段を決めたことで、一流棋士との対局機会が増え、プロ同士の研究会に身を投じることが可能となる。女流棋士初の七大タイトル獲得も、夢物語ではない。
コメント終了
Page: [1]

題名
会員名
会員ID :
会員パスワード
コメント

   クッキー保存